アレルギーの原因って?

アレルギーの原因って?

アレルギーの原因は何なのですか?


ppp

アレルギーはもともと免疫反応がもたらすものです。本来、人間の体にとっては有害ではないものに対して、免疫が反応して攻撃してしまいさまざまな症状を引き起こします。

アレルギーを引きおこす環境に由来した抗原のことをアレルゲンといいます。抗原とは、免疫にかかわる細胞に環境に由来した物質が結びつくことによって、免疫反応を引き起こす物質の総称です。

一方で、アレルギーを引き起こす際には、この抗原に対して抗体が出来上がります。この抗体とは、免疫にとって重要なリンパ球のうちB細胞と呼ばれるものが作り出すタンパクで、特定の抗原を認識して結合、攻撃する役割を持っています。

アレルギーとは、本来人体にとって有益なものが抗原となり、それに対する抗体が出来上がることで成り立っています。

アレルギーにはどんな種類がありますか?

アレルギーにはⅠ型からⅤ型まであります。そのうちのⅠ型アレルギーについてご紹介しましょう。

Ⅰ型アレルギーは即時型アレルギーとも呼ばれます。抗体となる免疫グロブリンというタンパクにはいくつかの種類があるのですが、このうちIgEとよばれる免疫グロブリンがかかわっています。これが原因となります。

免疫グロブリンIgEがマスト細胞や白血球と結びついたところに抗原が入り込むと、ヒスタミンなどの物質を放出、これが血管を広げたり血管内の血液を血管外へ漏出させたりすることで浮腫みや痒みを引き起こす原因になります。

アレルギー性鼻炎や気管支喘息、蕁麻疹などが主な症状です。また、全身に現れその症状が激しい場合にはアナフィラキシーと呼ばれ、早急に処置が必要となります。

Ⅱ型アレルギーについて教えてください。

Ⅰ型アレルギーは免疫グロブリンIgEが原因でしたが、Ⅱ型アレルギーの原因は免疫グロブリンIgGが原因になります。

抗原をもつ自分自身の細胞に抗体であるIgGが結びつき、これを見た白血球がこの細胞を攻撃します。その細胞を破壊しようとするのです。

ウィルスが原因となって起こる肝炎などがⅡ型アレルギーの代表格ですが、このウィルスを体内から除去しようとすると、その結果肝臓の細胞自体が破壊されることで症状をきたします。

重症筋無力症や甲状腺の病気である橋本病、500円玉ほどの範囲で毛が抜ける円形脱毛症などもこのⅡ型アレルギーの疾患です。

pppp

Ⅲ型アレルギーの原因について教えてください。

Ⅲ型アレルギーは免疫複合体症とも呼ばれます。何等かの抗原と抗体が結びつき活性化されたものが好中球という白血球の一種を局所に集めます。

この好中球が免疫複合体と呼ばれる抗原と抗体が結びついたものを貪食するとき、タンパク分解酵素や活性酸素を放出、これが組織や細胞を障害します。これがⅢ型アレルギーの原因です。

また、免疫複合体が血小板と結合することで血小板を集め血栓を作ります。これが血管に付着することが原因となって組織を障害することもあります。

Ⅲ型アレルギーの主な疾患に、全身性エリテマトーデスなどがあります。全身性エリテマトーデスの場合、手や指の関節が腫れたり、全身倦怠感、長く続く発熱、鼻を中心として両頬が蝶が羽を広げたように赤くなる蝶型紅斑、また紫外線に当たると発疹や水ぶくれができる日光過敏症などの症状が出現します。